歯は加齢とともに徐々に着色・変色してきます。
そういった黄ばみは歯の表面をいくら磨いても白くはなりません。
ホワイトニングは、そんな気になる黄ばみを取り、歯を白くきれいにする施術です。
薬剤で歯を漂白するだけなので、歯を削らずダメージも残りません。
比較的手軽に歯を白くしたいと希望される方におすすめです。
歯科クリニックで行うホワイトニング・システムとして日本でNo.1の導入実績をもつホワイトニングです。
ホワイトニングは過酸化水素という薬液を使って歯を白くするのですが、ビヨンドホワイトニングはそれを活性化させる「光」を利用します。
過酸化水素は「光」によって効果的に働きます。
つまり、光をあてることによって短時間でホワイトニングすることができます。
同じ薬剤を同じ時間使用したとしても光をあてないのとあてるのではその効果は3倍違ってくるといわれています。
ところが、光であれば何でもよいというわけではありません。
光は同時に強い発熱があり、この熱が歯を痛めますので、安全な光を選ぶ必要があります。
光には様々な種類がありますが、光によっての効果やリスクも異なります。
高濃度の過酸化水素を「光」で活性化し、エナメル質に付着した着色物質を分解する方法です。ライトはホワイトニングの効率を上げるのに必ず必要になります。オフィスホワイトニングは1回の効果が高く、短時間で負担なくホワイトニングができます。オフィスホワイトニングは忙しい方や、この日までに白くしたいという方におススメです。 過酸化尿素を使用し、過酸化尿素を専用トレーに入れ、歯に装着します。過酸化尿素の中には「過酸化水素」が含まれています。
ホームホワイトニングは一定時間装着し、効果がでるまでには期間がかかりますが、オフィスホワイトニングに比べ白さを維持します。期間がかかりますが、好きな時間に行うことができます。
Before
After
ビヨンドライト
ホームホワイトニング
「過酸化水素」を使用したホワイトニングはアメリカで開発され、長年にわたり使用されてその安全性は証明されています。また、オフィスホワイトニングで使用するライトは発熱がなく、紫外線も完全にカットされているので歯に安全です。
ホワイトニングの場合、およそ45分で完了します。ヘアカットやネイルケア、お茶を飲む程度の時間ででき、とても簡単です。初めての方の場合、白さを維持させるためには、続けて2回以上のホワイトニングを行うとよいでしょう。
ホワイトニング後には、人により「刺激感」が出ます。これは「過酸化水素」による脱水症状が原因で、歯には問題ないと考えられています。「刺激感」は、その方の「エナメル質の厚さ」により異なりますが、約24時間以内に解消し、元の状態に戻ります。
ホワイトニングの効果が維持する期間は、その方の嗜好、色に対する感覚、歯の構造などによって個人差があります。「色がついてきたな」と思ったときが、次のホワイトニングのタイミングです
東平歯科クリニック
院長 堀田 克幸(KATSUYUKI HOTTA)
〒309-1705 茨城県笠間市東平3丁目1-12
TEL.0296-78-4182 FAX.0296-78-4182 URL http://www.higashidaira-dental-clinic.jp
一般歯科(むし歯治療・歯周病治療・入れ歯治療)・歯科口腔外科・審美歯科・インプラント・ホワイトニング
診療時間
9:30 〜 13:00
×
15:00 〜 18:00
×
18:00 〜 20:00
×
×
×
※ 都合により休診する場合がございます。初診、ご来院の際はお電話にてご予約をお取り下さい。
※ 最終受付時間 19:30(初診19:00)
Copyright (C) 2014 HIGASHIDAIRA DENTAL CLINIC. All Rights Reserved.